印鑑の種類

イメージ画像

印鑑というものは、現在、なかなか使う場面が少ないように思います。日常でも限られたその登場機会は、例えば回覧板に押してお隣りへ回したり、荷物を受け取った時に押すくらいでしょうか。あとはレンタルビデオ店の会員登録などでしょうか。

どちらにしろ、これらだと印鑑ではなく、サインでも大丈夫な場合がほとんどですね。印鑑の出番というものはほとんどないのが、今では普通なのかもしれません。

しかしだからと言って、印鑑がなくていいわけではないのです。なかなか重要なポジションにいるのが印鑑なんです。

種類が役割ごとに違い、不動産の取得や銀行での口座開設なんかでは、特に必須なのです。特に実印は法的な意味でも重要なものですから、きちんとした手続きが必要になってきます。役所で実印登録の手続きをし、印鑑登録証明書というものを発行してもらわなければいけません。

また、銀行印は銀行の口座を開設した時に、登録した印鑑が銀行印になります。口座を利用したときにお金の出し入れに関わってきます。

そして認め印です。この認め印は、簡素な三文判というものを使用されるくらい、法的な能力はないとされています。ただし、会員登録に使用したりした場合は、その効力もないわけではないのです。

これは個人印の種類ですが、会社の印鑑も同じです。会社の実印は代表印、銀行印、そして会社の認め印のようなポジションの社印となるのです。

使う用途によって、各種類の印鑑を使いこなしましょう。



このページの先頭へ